ひるねこのお散歩

高校生の姉弟のリアルな観察日記。

皮膚科で…☆

「魚の目らしきもの…」
ができた我が家の子どもらを連れて、昨日皮膚科に行ってきましたニコニコ

「どうしました?」

「はい、子どもに魚の目ができまして…」

病院で症状を説明しようとすると…

「子どもに魚の目なんかできんっプンプン!!!!

…そう、久しぶりだったので忘れてましたが…

ここは偏屈で有名な先生のいらっしゃるT医院でしたダウン

頭ごなしに言われて、ちょっとムカっとした私…
「でも先生、この子の足、ほら、くっきりと、どう見ても魚の目みたいなものが…」

「子どもに魚の目はできんっ!!
あんた、子どもに魚の目ができるほど、重労働させてんの~DASH!

「はあ…」

ベビースター(息子小4)は
(ママやっちゃったなにひひ)
てな顔でニヤリと笑い…

桃色(娘小6)は
(ママ、やめときなガーン)
と私に目配せ…

…結局、イボだそうで、桃色は軽いので、すぐ治るそうだけど、
こじらせて「まるで魚の目そのもの…」のようになっているベビースターは、全治一年!!だってしょぼん

「ずいぶん前から痛かったんだろ、2年位お母さんにほっとかれてたのかいにひひ

ベビースターに優しく話しかける先生…

「いや、さすがにそんなに前からではありませんにひひ

笑顔で答えるベビースター

先生…子どもには優しいじゃんドキドキ