ひるねこのお散歩

高校生の姉弟のリアルな観察日記。

長い一日…

今日は娘のミニバスの県大会

絶対勝ちたかった初戦……
勝てませんでしたしょぼん

1クォーター目、開始直後、立て続けにシュートを外したウチのチーム…

逆に3本連続で入った相手チーム…

明暗が分かれてしまった気がしますダウンダウン

気持ちを建て直せないまま、結局、1クォーターで16点差をつけられ…

2、3、4クォーターは互角でしたが、とうとう、追い付くことができませんでしたあせる

よく、ウチのコーチがバスケの神様の話をします。

『バスケの神様は本当にいて、どちらか頑張った方の味方をするんだよ。
試合をしていて、あんなシュートが!?みたいなシュートが入ったり、
逆に、絶対入りそうなシュートが入らなかったり…
それは、バスケの神様が、必死に頑張っているチーム、勝ちたいと願っているチームの味方をするから』って虹

今回は、ウチのチームよりも相手チームに神様が微笑んじゃったんですねハートブレイク

相手チームの子達の気持ちのほうがウチの子達よりも、強かったということでしょうしょぼん

絶対に勝って地元の体育館に戻りたかった!!
子ども達には、ほろ苦い結果になりましたダウン

でも、子どもらのバスケはまだまだ続きますドキドキミニバスでの大きな大会は終わってしまったけど、

まだ3月の卒団まで、カップ戦や親善試合がいくつかありますニコニコ

卒団しても、中バス、高バスが、バスケをやめても、長い人生が、ありますニコニコニコニコ

苦い思い出は忘れずに、成長の糧にして欲しいな~クラッカー

私達保護者も、県大会が終わって

…なんか、肩の荷が降りたような気がします音譜

娘達には、一緒に泣いたり笑ったり怒ったり…沢山楽しませてもらったな~ドキドキありがとうね(*^^*)



とはいえ、勝ちたかった!!!!









Android携帯からの投稿