ひるねこのお散歩

高校生の姉弟のリアルな観察日記。

負けたけれど…終わらなかった。

  実はひるねこ…今日は抜け殻である。娘の高校最後…と思われる大会、インハイ予選に先ほど負けた。あぁ、彼女の長かった競技人生が、とうとう終わるんだなぁ…と思ったら泣けた。…明日は負けて試合がなくなってしまったので…保護者仲間と昼間から飲んだくれる約束をした。(←なんて親たちだ…笑)

 

…と、昨夜、ここまで書いて…力尽きて寝落ちしたのだが…事態は急変したようだ。

 

  昨日の試合後、三年生は試合を応援に来た保護者の車でそのまま帰る子がほとんどだったが…娘は『大丈夫だから…』と、後輩たちとバスで学校に戻り、片付けをして、夜遅く1人で帰って来た。そのまま風呂に入り『ご飯はいらない…』とデザートのパイナップルだけを食べて『疲れた』と言って寝てしまった。

  体育館で泣いていたし、『かなり落ち込んでいるのだろう』と、かける言葉も見つからなかったのだが…。

  今朝、元気いっぱい起きて来ていそいそと学校へ行く用意をしているではないか。

  おそるおそる『引退するの?』と聞くと…『引退しないよ。あんな負け方じゃ、納得出来ない。ウインターカップまでやる』と、きっぱり言う。

  ウインターカップとは12月のクリスマス頃から行なわれる今年最後の大会で、予選は10月から始まるのだが、ほとんどの三年生は大学受験や就職試験の準備のために、夏のインターハイで引退する。

  『大学はどうするの?』と、聞くと『国公立は諦めて…私大にする。短大も考えてる』これまた、きっぱりと。娘の夢は『保育士』になることなので、短大でも十分ではあるが…大会前までは短大ではなくて、四年制の大学で教職を取ることを考えていたはずだ。一晩で気持ちを見事に切り替えたね。

  受験勉強よりも部活を続けたいという宣言に正直驚いたが、そこまで打ち込みたいものがあるのは、幸せなのかもしれない。

  あたしも旦那も、もうしばらく体育館へ応援に行く生活が続く。娘の人生だ。後悔のないように好きな事をやりきればいい。